礼状例文集 挨拶状・通知・案内状 書き方

礼状・挨拶状・通知・案内状の例文・書き方

礼状例文集。挨拶状・通知・案内状・紹介状など色々な場面での例文を紹介しています。挨拶状・通知・案内状・紹介状を書くときに当サイトを参考にしてください。

正しい礼状例文・挨拶状・通知・案内状の書き方

 礼状例文集Top
 礼状例文集 挨拶状・案内状・通知状・紹介状の例文・書き方
当サイトはさまざまな場面での礼状・挨拶状・通知状・案内状・紹介状などの例文を紹介しています。
季節の挨拶・祝事・弔事・催し物など生活の色々なシーンの中で礼状・挨拶状を書く必要があります。
そんな時、当サイトを参考にしてみてください。

いい礼状・挨拶状・案内状を書くポイント1
ていねいな文字で書く
文字は上手下手が問題ではありません。達筆にこしたことはありませんが、最近では、草書や行書を読めない人も多いので、楷書できちんと書きましょう。
誤字・脱字にも気をつけて、自信がない時は、辞書を引いて確かめましょう。

いい礼状・挨拶状・案内状を書くポイント2
簡単に要領よく書く
くどくどとした内容であったり、美辞麗句ばかりがたくさん使われている手紙は、誠意のある手紙とは言えません。
言いたいことがはっきり相手に伝わるものが、よい手紙です。
そのためには、必要なことを書き落とさないようメモしたり、下書きして整理し、要領よくまとめることが大切です。

いい礼状・挨拶状・案内状を書くポイント3
自分の言葉・表現で書く
急ぎの場合や、書く上でのヒントを得たいときなどに、定型文を利用するのは非常に便利です。
しかし、基本的には、ふだんのままの素直な言葉使い、表現で書いたほうがよいでしょう。そのほうが、相手にも自然に受け取ってもらえますし、個性的な文章になります。
ただし、あまりにくだけた表現では困る場合もあります。先方の地位や立場、手紙の内容や目的に応じたふさわしい言葉使いを、自分なりに選ぶ良識を持つことが大切です。

いい礼状・挨拶状・案内状を書くポイント4
敬語に注意して書く
先方の地位や立場、年齢を考慮した敬語の使い方が大切です。
相手と自分との関係の度合いに応じて、適切に尊敬語と謙譲語を使い分けるようにしましょう。
あなたの教養や育ち、品位にかかわることなので、注意しましょう。

いい礼状・挨拶状・案内状を書くポイント5
時期をはずさずに書く
早過ぎても遅過ぎてもいけません。最適なタイミングで書きましょう。
特に案内や招待などのお知らせの内容の手紙では欠かせない条件です。
先方が判断し、手配する必要もあるでしょうから、余裕を持って送りましょう。

いい礼状・挨拶状・案内状を書くポイント6
投函する前に読み返す
書き落としたことはないか、誤字、脱字などはないか、十分に意を尽くしているか、無礼な表現はないかなど、ポストに入れる前にもう一度読み返して確かめたいものです。
特に感情(喜怒哀楽)の赴くままに書いたものは、時間をおいて読み直し、調子に乗り過ぎたり、激しい表現がないか確認したほうが無難です。

 挨拶状 例文
年賀状挨拶例文 残暑見舞い挨拶状例文 喪中挨拶状例文
暑中見舞い挨拶状例文  お中元礼状例文  お歳暮礼状例文  贈り物礼状例文
結婚挨拶状例文  結婚祝いお礼例文  出産挨拶状例文  
合格挨拶状例文  合格・入学祝いお礼例文  就職祝いお礼例文  
退院挨拶状例文  病気お見舞いお礼例文  死亡挨拶状例文 
弔問お礼例文  香典返し挨拶状例文

 通知 例文
結婚通知例文  転居通知例文

 案内状・招待状 例文
結婚式案内状例文  新年会案内状例文  クリスマスパーティー案内状例文 
忘年会案内状例文  歓迎会案内状例文  送別会案内状例文 
同窓会案内状例文  謝恩会案内状例文  展示会・絵画展案内状例文


挨拶状 例文
季節・贈答・祝事・見舞い・弔事・ビジネスの
挨拶状 例文

通知 例文
祝事・弔事・転居などの通知 例文

案内状・招待状 例文
祝事・法事・各種パーティ・催し物などの
案内状・招待状 例文

礼状・挨拶状の書き方

当サイトについて
リンク集
相互リンク募集

Copyright (C) 礼状例文集 All Rights Reserved
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11